忍者ブログ
未選択FF雑記つれづれ雑記インフォメーション
『ありがとう、地球』は夢をみているようです。  ○o。/ ,' 3  `ヽーっ 
2017.10.24 Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Top↑
2009.02.04 Wed
少し前のことだが、心の甘さを痛感したできごとがあった。

マフラーにアゴをうずめつつなんの気なしに歩いていると、その男はあらわれた。
二度見ってのはしようとしてするんじゃない、気付いたらしてるのが二度見なんだ・・・・・・。
白虎のごとき毛皮をまとい、漆黒のたれ目サングラスをかけた同年代のスーツの男がそこにいた。
・・・・・・か、恰好そのものもおかしいけど、周囲からの浮きっぷりのコントラストもあいまって
ものすごく、シュールですwwwwwやめてwwwwwwwww

――いや、いいんだけどね。いいんだよ、べつにだれがどんな格好をしていようが。
でも生理的にwwwわらいがwwwwwとまならないwwwwwwww
とっさにうつむいて歯を食いしばり、適当に歌を浮かべてこの雑念を振り払おうとしたが、
浮かんだのがランナーだったのがまずかった。さっきの男が脳内で走り出してしまった。
はしるwwwwはしるwwwwおれーたーちwwwwwww

――――肩を小刻みにふるわせつつ、修行が足りないなと心で泣いた日でしたとさ。


攻撃力500
さて、ようやく久々にまともなFFネタである。
ピザメヌマチでのメリポを試行してきたので、前回のピザマチマチと比較検討してみたい。

翡翠廟前 戦戦モ白赤詩 時給:29153.4

率直に、今回の動きはそれほど悪くなかった。が、前回に比べて2万/hも与ダメが落ちてしまった。
命中誤差が少し悪いほうにぶれてしまったこと、若干ディアの入りがにぶかったこと、
フラッシュがなかったことなどを考慮しても、これを調子が悪かったからだとはいいにくく、
つまりピザ時はマチマチの方が有利である、といえるとおもう。

でもじつはこれだけだと大雑把で、少なくともジャガーノートとピザを併用した場合は
といい換えたほうが良いかもしれない。通常ダメージ平均をみるかぎり、デリケートな差らしいから。

ピザメヌマチ:92.5[_184/___0] _87.5%[1761/2013]
スシメヌマチ:94.0[_190/___0] _90.3%[1282/1420]
ピザマチマチ:88.3[_186/___0] _89.0%[1258/1413]


攻撃力の高さ順にならべたが、実際のダメージは順当とはいえない結果になっている。
つまり、一定以上攻撃力をあげてしまえば、以降は誤差やらメヌのかけ具合、ディアのはいり具合次第で
いくらでもひっくりかえる程度の効力しかもたなくなってくるのではないだろうか。

極端にいえば、攻撃力100+50と攻撃力500+50では同じ50でもかたや50%、かたや10%と
価値に対して当然差があり、実質固定値上昇である装備や食事、メヌエットにおいて
攻撃力があがればあがるほど効力が薄れていくことは、普通に考えればあきらかである。
その上でなんとなく考えたことだが、一つの目安となる攻撃力はだいたい500くらいなんじゃないか。
ちなみにこれはバーサク込みでの感覚なので、ない場合はもう少し高く見積もっていいとおもう。


メヌマチの微妙さはかようであるが、マチマチのメリットは打って変わって際立っている。

メヌマチ:1574回/h、1623回/h
マチマチ:1866回/h


さきほどのダメージ比較時のrepから抽出した1時間辺りの攻撃回数となる。
だいたい15%アップしているので、通常ダメ平均になおせば90が103.5になる計算となり、
しかしメヌマチの現実は上の通りなので、やっぱり効果は一目瞭然、ヘイストの勝利である。

メリポで最も微妙なものは、中途半端な攻撃力なのかもしれません。
目にみえない強さのあふれる世界、スーパーヘイストオンライン。


(最後は初音ミク『スーパーオンライン』よりオマージュ)
PR
通りすがり
やはりこのブログを閲覧するたびwww.caremoon.netに自動的にアクセスしているようですね。
パケットをモニタリングしていないと分らないと思います。
2009.02.05 Thu 11:23 [ Edit ]
Will
危うさは残るものの、一応対応しました。
ご指摘ありがとうございました。

http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/ogame/1232806859/112-113
この辺りが原因なんでしょうかねー。
2009.02.05 Thu 19:22 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
Template by まるぼろらいと忍者ブログ [PR]