忍者ブログ
未選択FF雑記つれづれ雑記インフォメーション
『ありがとう、地球』は夢をみているようです。  ○o。/ ,' 3  `ヽーっ 
2018.02.20 Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Top↑
2008.05.10 Sat
モグボナンザの一等、一億ギルが当たったらどうしようか。
先日このようなことを考え、いっそのことパーっと使うのも有りかなとか思った。

金は天下の回り物と言うし、どうせあぶく銭なので失っても痛くない。
そこで、5000万ギルくらいを賞金にして、白門でミニボナンザでも催したら面白いんじゃないか。

しかし、問題はその抽選方法と配当方法である。

指定する時間内に三桁の好きな数字をtellで送ってもらい、その後自分はダイスを振る。
最もその数字に近かった人を一等とし、かぶったら高い方(390がダイス値で391と389が有れば391優先)、
それでもかぶればtellが早かった方とする。
配当は、当選者各自が好きな物を配当金として示した価格でバザーし、自分がそれを買うことで行なう。

こんなんがパッと思いついたところであるが、tellが時間より早かったり遅かったり、
多量のtellによって表示されないtellが生まれてしまったり、同一人物からの重複tellが着たり、
また照会に時間がかかったり、その他色々な問題が発生するかもしれない。

では、マスター以外に複製できなく、固有性が明らかであり、たくさん生産可能な物をバザーし、
それを整理券とすることで円滑な抽選とするという手はどうだろうか。
箱庭バリスタの参加チケットとかってそういう仕組みじゃなかったかな・・・・・・?

こんなことを小一時間考えたところで、天啓というべき妙案が浮かんだ。



・・・一億、当たってないじゃん。
PR
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
Template by まるぼろらいと忍者ブログ [PR]