忍者ブログ
未選択FF雑記つれづれ雑記インフォメーション
『ありがとう、地球』は夢をみているようです。  ○o。/ ,' 3  `ヽーっ 
2018.06.24 Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   Top↑
2008.12.07 Sun
インドに住まう怪魚ウモッカの話を聞いた。
ワニとサメとシーラカンスを複合合成したような謎の生物だそうだ。

――そんなのが本当にいたら面白怖い。(いるわけないんだろうけど)
鼻で微苦笑しつつそんなことを思った帰途、ぽたっぽたっと頭に雨が当たった。
降り方を忘れてしまったのか、雨上がりの屋根から滴るような感触で
時折り思い出したかのように頭を小突く程度に降るおかしな雨だった。
空を見上げるとまさに一面に暗雲立ち込める状態であり、かつ光が差していた。

――何だこの変な天気・・・・・・。
いぶかしげなその顔に、今度は雪?の様なモノが当たった。でもそんなに冷たくはない。
タンポポの綿毛が一番近いような気がしたが、えらく広範に漂っていたので定かではない。

ウモッカ、居るかもしれない。


翡翠廟前メリポ
エインヘリヤル等の縁でたるがるの(Gal)teriさんとお話する機会を得た。
とある折り、「一緒にメリポ行きましょう」との旨を頂戴したので早速行ってきたという次第である。
いつものrep番である某モンク様が引越しで忙しかったので、たるがるさんの御記事参照のこと。
今回はどうもありがとうございました。

21時集合とした今回、どうせバフラウ系狩場は空いていないだろうと半ばあきらめ、
代替地に目を光らせつつ念のため監視哨に飛んだところ、監視哨前~翡翠廟前まで
すがすがしい空きっぷりでマムージャが闊歩する奇蹟を見た。
そんなわけで、時給3万以上を想定し、今回初めてキャンプを広場中央のワイバーンゾーンとした。

構成は戦戦忍白赤詩で、白さんはGalteriさんのお友達の方。
以下は時間が長くスコアもよく、いつもの条件に近いであろうrepからの抜粋。
(戦闘開始検出をダメージ発生 Ver. 2008/12/05 前半 ソウルスシ+1 忍戦戦赤白詩)

 倒した数:113 平均獲得経験値:131.8(+66.6) 総獲得経験値[内専心]:23663[1239]
 平均戦闘時間/間隔:25.5s/2.8s 総狩り時間[戦闘/間隔]:53m12s[47m56s/5m16s]
 時給[専心抜]:26687.6[25290.0] 総獲得ギル:1036G 最大チェーン/平均:121/121.0

時給が低く、戦闘間隔も長い。よってキャンプ地はフィルダーズチョイスだったようだ。
ただ初めてという事でルート確定に手間取ったりもしたので、多少の弁解の余地はある。
それはともかく、今回時給面での最大の失敗はワイバーンをフルに倒してマムージャを余らせたこと。
プークを多く混ぜるよりはましだが、時給的にはシマムほどの価値も無い厄介者である。

(特に自分自身が)気になる与ダメについて。
自分基準で行くと、ダメージが普段より1割程度落ち込んでいることが伺える。
また、忍者も最近よく登場するFさんであり、彼についても同様のことが言える。

なぜか。
一つは上に述べたワイバーン比率の多さが言えると思う。ディスペルウィンドもあるのだし。
もう一つはrep取得者のプレイ環境が考えられる。昔からの読者様は覚えて居られるかもしれないが、
以前reploによるログ取得は重いと上手く拾い切れない旨を記事にしたことがあったと思う。
そのときは倒した数とチェーン数が合わず、手動でログを確認して検証した記憶がある。
今回もその症状が見られるが、おそらくこれは最初狩場保持のため赤抜きの5人で開始したので
その部分を作為的に切り取ったが故ではないかと思う。
が、前者後者ともに未確認なので、実際は見当はずれだったりするかもしれない。
加えて述べておきたいことは、後衛の動きは別段問題なく、そこには依らないだろうこと。

二人揃ってこれだけ似通ってスコアが減るということは高確率で何か理由があるはずだが、
それが上記くらいしか皆目見当がつかないことが悔しいところである。
ここはそういう検討を重ねるブログなのに。


実際の動きに関して思ったこともいくつか。
日本人は言語習慣として“意見の否定≒人格の否定”と捉えがちな面があり、
そういった意味で失礼に当たらないか心苦しくもあるが、ここではそれを脇に置いておきたい。

前衛三人の関係で一番不味かった点は、一番与ダメの多い自分が最も多く挑発している点である。
なおかつ56秒に一度という自分の挑発頻度は決して高くはない。開幕毎回挑発だと40秒台になる。
使うタイミングに譲渡すべき論点もあるが、とりあえず挑発の絶対量が少ないことが問題である。
ちなみに自分の挑発を減らすという選択肢は、経験上後衛負担を増やすだけに思う。

続けて注目したいのはターゲット占有率と被弾率について。
rep上は戦w:戦g:忍=36:27:20と分かれているが、実はこればかりに収まらない。
「その他」カテゴリを見ると、27回:18回:12回とある。つまり、被WSも自分が一番多いのである。
これは回避率にそのまま顕れていて、80%台前半というのはこの占有具合に対応しなかった故である。
しかし元々90%ちょい~90%弱の回避率なので、基本的にこの部分の動きは良くなかったりもするが。
このことからエース要用論を主張したいところだが、ひとまず他の機会に譲る。

普段から口やかましく叫んでいる殴りかかりは今回どうだったのだろうか。
主観的にみて、今回は自分が一番早かったように感じた。
いや、こういうことを言うときにかぎって実は出来が悪かったりするのだが、
自分はヘイスト25%でGalteriさんは24%。rep上の与ダメ差はこの1%ではなく、
殴りかかりに依るところが少なからずあるように思えた。

しかし分析していると別段自分の殴り数は多くなく、WS回数も少ない部類である。
さらに言えばWS平均も若干低く、したがって上で触れたように与ダメもそれほどでもない。
既に述べている二点に加えて空蝉詠唱の負担増なんてことも言えるかもしれないが、
「いやー、そんなこたー関係ねーだろw」と、落ち着く。
考えられるすべてが否定されれば即ち“元来斧斧はその程度”に失速するが、
これは某モンクこと要用のエースことGazelleさんも加えてメリポしてみないとわからない。

以上で今回の検討を終えたい。
自分に対する追及が緩いように感じるかもしれないが、確かに緩い。
毎回毎回自分で自分をどうこう言ってると、それが段々難しくなってくる。ホントに。
わかってるから客観的に言葉で表現しづらい点とプレイ主観的には捉え難い部分も多い点、
おそらくこの辺りが原因じゃないかしら。

というわけで御託は十分述べたので、またメリポしましょーぜ!
PR
畏怖鯖垢魔
repを見たら南広場方面のマムは入ってなかったので後からPTが来たかんじでしょうか~?

うちの鯖はあまりメリポ活発な方ではないのか翡翠廟前~監視哨前は割と空いてる事が多いですね~。
半野良で前衛足りない事が多いので、逆に人いなくて挑発持ちを探すのに苦労しています('A`)

そちらの事情なのであまり口を挟む事ではありませんが、忍入りで、次の敵に毎回(リキャ待ちor終盤にタゲ持ってる場合とかは例外ですが)挑発してもらえるのと、してもらえないのだと後衛のルーチンの流れとしても大分違うので入れてもらえると助かりますね~。

コメントとして不都合あるようでしたら削除お願いします。
2008.12.08 Mon 12:32 [ Edit ]
ガル戦
まずはお返事遅くなってすいません
と言うか第二回の当日にレスって時点でかなりアレですが・・・

まず挑発については、意識して減らしてたというか固定PTの動きに慣れてる間に終わっちゃったというか。
WillさんがターゲッタでF忍さんが赤詩で寝かせた敵や次に殴る敵に対して挑発してる感があったので
それならば同様に寝かせたものや次の敵に挑発いれる感じで動こうと思いやっていたのです。

それならそれでまずは声掛け・確認が先だろうと突っ込まれると全くもってその通りだったりします(´・ω・`)
難しく考えずに、野良と同じようにタゲの分散具合や被弾に応じて
挑発の量なりタイミングを調整すればよかったデスネ
これに懲りることなく数少ないメリポスキー仲間としてまたメリポしましょー
と言うか、今日がその2回目だったりするわけで(スタートに戻りループ
2008.12.12 Fri 15:36 [ Edit ]
Will
>>畏怖鯖垢魔様
>repを見たら南広場方面のマムは入ってなかったので後からPTが来たかんじでしょうか~?

そうです、その通り。ザッツラィt!

>次の敵に毎回(リキャ待ちor終盤にタゲ持ってる場合とかは例外ですが)挑発

確かに、自分もそれは重要だと思います。
ウルガランだとダブルターゲッタ制にして必ずこの状態を維持するのですが、
それ以外だとテキトーというかなおざりにしてしまうことが多かったりします。
そういうとこはお恥ずかしいかぎりで、精進したく思います。

>コメントとして不都合あるようでしたら
いえいえ、まったく全然ですとも!
コメント頂きありがたいことです。


>>ガル戦さん
今日はお疲れ様でした。
自分こそ偉そうに書きっぱなしですみません三 (lll´Д`)

>難しく考えずに、野良と同じようにタゲの分散具合や被弾に応じて挑発の量なりタイミングを調整

自分もウルガラン以外ではそういった形でやってたりします。
でも今日ちょっと思ったんですが、たぶんうちらの挑発に対する考え方は結構似通ってる気がするんですよねw
ある程度ダメージでタゲを取る戦士の思考、という意味で。
だから被るシーンというのが少なからず有ったと思います。

というわけなので、次回からは上でも挙げたダブルターゲッタ制を敷いてみませんかね。
さっき言っておけば良かったとあとで気付いて\(^o^)/←こんな顔に。

どうぞまたよろしくー!
2008.12.13 Sat 02:17 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
Template by まるぼろらいと忍者ブログ [PR]